2018年7月11日水曜日

コンビニで受け取れる市民の個人情報システムの導入について、帯広市に申し入れ


 7月11日、帯広地域労組は畑中執行委員長含む3人が帯広市の市民環境部戸籍課を訪れ、帯広市長あて以下の申し入れ文書を提出しました。
 帯広市は現在、新システム導入に、補正予算が議会で可決し、具体化にむけて作業を進めているということです。私たちは、申し入れ主旨とそれに伴う具体的な疑問や意見を述べ、市側は導入目的や現状なども踏まえた上で、それぞれ意見交換しました。出された意見などは市としても受け止めて、整理し、協議した上で文書で改めて回答をするということでした。
帯広市からは市民環境部川端部長、同服部企画調整監、戸籍住民課高橋課長が応対しました。
賛否両論があったマイナンバー制度導入の目玉として、「どこでもカード1枚で情報取得」を具体化するために、帯広市も国の補助金一部を活用してコンビニ窓口で取得できる「便利」をおしすすめようとしていますが、市民の目からは便利と不便、不安と不信があるのも事実です。


帯広市長 米沢 則寿 様

労働組合法人 帯広地域労働組合
執行委員長    畑中惠美子

個人情報などコンビニで受け取れるシステム導入計画についての申し入れ

 日頃のご奮闘に敬意を表します。
さて、帯広市は来年度から住民票や戸籍謄本などの個人情報を最寄りのコンビニエンスストア(コンビニ)でマイナンバー取得者に限定し、取得できる専用回線を新たに導入することを明らかにしました。
 今日、街の商店が潰れ、取って代わって全国ネットのコンビニがどこにでも24時間営業で存在している状態では、この先、コンビニの社会的存在感からすれば地方自治体としても全国ネットの利用を考えるのは自然の流れかも知れません。
 しかし、昨今、コンビニは文字通り便利になりすぎて一市民では太刀打ちできない組織的な力によってそのシステムが悪用されるケースも発生しており、安全を過信することはできません。
 帯広市はこのシステム導入と並行して各コミセンでの窓口業務を平成33年度で終了するという計画も発表しています。そこで、以下の問題について申し入れますので、導入の前に検討するようお願い致します。

(申し入れ事項)
(1)マイナンバー登録は任意であり、未登録の市民を排除することにつながる新しい制度を再検討すること。
(2)コミセンでの業務を一斉に廃止することは、地域によっては不便になることがあり、再検討すること。
(3)コンビニの安全性を過信せず、自然災害等、万が一のことを念頭に導入にあたっては慎重に検討すること。

2018年7月5日木曜日

ノベルズ不当労働行為事件、「和解」協議開始

 7月2日、帯広市内で行われた5回目の調査では、今後の課題や継続事項など見通した結果、一旦「和解」をした上で、組合は申立を取り下げ、今後については誠実に円滑な労使関係を構築していく方向で労使協定を確約できるかなど、前提に話を進めました。しかし、一部で折り合わず、次回に持ち越しとなりました。


2018年6月26日火曜日

ノベルズ労働環境、一進一退の足ふみ状態

11回目の団体交渉、会社代理人、組合掲示板は「認めない」の一点張り。

▼6月25日の団体交渉は組合執行委員含む8人が出席しました。冒頭、一部経営側役員が組合と分会長に対する差別、蔑視発言をしたことで分会独自で交渉した結果の報告がありました。しかし、国会証人喚問なみに「忘れた」「覚えてない」などの発言を繰り返し、その件での謝罪もないことから、不当労働行為として労働委員会に申立も辞さない意思であることを伝えました。

▼また、ノベルズでは部門別に業務上の1年間の目標を持たせ、「達成したものには貢献ボーナスを支給するからがんばれ」と鼓舞しておきながら、達成した者には上司のお気に入り指数で支給されていない問題が継続してあります。これから先は改善し、わかりやすくするというものの、いままで頑張って分は支払わないと、これも会社代理人の独自の見解を話すのみで、団交出席者からは「詐欺だ」「約束しているなら支払うべきだ」などの声があがりました。

▼現在、改善され運用している従業員の休憩室に組合掲示板の設置について、会社代理人は頑なに便宜供与しなくても「不当労働行為にあたらない」「認めたくない」と繰り返しました。他の出席役員は「再考します」「やり方のタイミングで」と柔軟な姿勢の発言もありました。この問題では対労働組合についての認識の差が出ています。アジアからの外国人労働者と共に働く職場にあって、職場の労働組合周知は会社にとってもいいことです。現在なお、不誠実団交を繰り返しているノベルズのやる気度数が問われている問題に足踏み状態です。

2018年6月16日土曜日

(株)ノベルズ「あっせん」継続に

  会社代理人の手によって、
     相変わらずの優柔不断作戦展開中

▼15日の道労委「あっせん」は帯広市内で行われ、午後8時頃まで労使双方の聞き取りなど断続的に行いました。しかし、不調に終わり、次回に持ち越されました。
「あっせん」の事案はもともと係争中の不当労働行為事件の議題になっていましたが、被申立人のノベルズ代理人が一方的にこの問題を打ち切る暴挙にでたため、組合が「あっせん」をあえて申請して問題解決をはかろうとしたものです。

▼女性組合員の業務上のパワハラによる体調不良と休職、そして退職。もう1件は男性組合員の不利益変更問題です。どちらも組合や当事者からの訴え、要求に対して会社はまともな答え示してないだけでなく「パワハラはなかった」「特定社員にしたのは本人の申し出だった」と繰り返すばかりで、解決しないまま、先送り状態です。

▼ノベルズは現在不誠実団交で不当労働行為事件として係争中にありますが、組合対策で代理人・弁護士の「巧みな技」で引き伸ばしされ、延與社長もほんろうされているのが実態です。問題が解決されないまま労働者が時を過ごすのは「針のむしろ」です。働く意欲のある労働者を評価できない会社の経営体質が問われることでもあります。
 

2018年5月1日火曜日

第89回メーデー  長時間労働をやめ、8時間働けば暮らしていける賃金を、セクハラ・パワハラのない職場環境の実現を!

 ノベルズ分会結成から1年、粘り強くたたかい要求実現

場に分会ができて、1年、組合員の退職問題からはじまって、当初からの切実な要求だった交通費の見直しがやっと実現しました。同時に住宅手当も新設されて4月から実施されます。また、休憩室やトイレの拡充も随時おこなうことも、この間の団体交渉で会社側から回答がありました。3月末には分会の意見を受けて、部門別の業務会議が実施されました。
ノベルズは現場労働者の意見や声を無視し、あくまで上司の判断優先で、現場はそれでも対応していました。しかし、この間、産廃問題なども多々発生し、組合の告発から行政指導などもあり、現場労働者の意見は無視できなくなってきていました。420日の労働委員会不当労働行為救済の4回目の調査で、会社側は交通費の是正と住宅手当の新設を報告しました。 また、ふたりの組合員の問題にフタをしようとしていた会社でしたが、組合は道労委に「あっせん」を申請していました。しかし、会社はこれに対して「あっせん」に応じる姿勢を表明しています。未解決問題はまだまだありますが、ねばり強く交渉し、メーデースローガンにあるように、長時間労働をやめさせ、パワハラのない職場をつくるために一層団結してすすんでいくことにしています。


憲法改悪反対、国民や国会にうそと捏造の文書をもとに答弁をくりかえす
     安倍政権はもはや退陣の道しかありません!


■次々に出てくる捏造文書、安倍首相とその夫人の一連の行動を尻ぬぐいさせられていると思われる官僚たちの背信行為。文民統制など眼中にない自衛隊幹部の暴走、官僚の資質が問われる退廃ぶりも目に余るものがあります。

■安倍内閣誕生から今日まで、この内閣の船出は泥船に乗って航海にくりだしたと同じでした。総理大臣自身が憲法を守る立場の人間でないからです。そのような人が舵取りをすれば、どうなるかは現実を見ればご覧のとおりです。もともと指導者としての資質がないのに、自分以上の能力をもった人を登用するはずがありません。「類は友を呼ぶ」というのか、そういうことです。野党も気の毒なくらい人材不足です。情勢は彼らにチャンスが到来していると思いますが、団結出来ていません。マスコミも主体性がありません。特にテレビはよくありません。安倍政権の下でこそ、頑張りどきですが、はずかしいくらい情けない状態です。

■メーデーにあたって一言、個人的な思いも重ねて主張しているつもりですが、振り返ると、嘆きにし見えませんし、展望がないということでしょうか…。泥舟が沈みそうだという時に!




2018年4月21日土曜日

( 株)ノベルズ不当労働行為事件、4回目の調査  4月20日

会社、ようやく4月から通勤費(交通費)を見直すことに
           今までになかった住宅手当も新設

▼3回目の調査後、3月、4月と会社と組合は2回の団体交渉を行ってきました。その間、会社側に前向きな姿勢が見え始め、3月の交渉では「確認書」を昨年の6月以来、久々に交わすことができました。4月16日の交渉でも「確認書」案は出来ましたが、会社側はこれに注文をつけてきて、現在調印までには至っていません。

▼20日の調査では、労働委員から不当労働行為について、組合が救済を申し立てている「不誠実団交」については会社は交渉のテーブルについて、交渉人の交代もあるが、成果も見えてきている。2人の組合員の問題は個別に「あっせん」を受ける姿勢をみせており、今後の見通しについての意見を求められました。

 組合は長時間労働・時間給問題の改善を要求しています。そのために現場労働者の意見を反映させるモノ言える職場づくりです。労基法41条の労働時間の適用除外に業種としては適用なるが、労働時間は牛と同様、タイムカードで時間管理されており、本当に9時間半、10時間の労働が必要なのか、それは今のノベルズでは現実的ではありません。

▼ノベルズは十勝管内に事業所が点在しており、そのため、長時間労働と長時間通勤を強いられている労働者は少なくありません。そのような働かせ方は、精神的・肉体的に消耗させ、過労死予備軍と言われています。会社代理人は組合から要求している組合掲示版の設置は今なお、後ろ向きな回答、寒冷地手当についても一般論で片付けています。交通費の適正な支払い、上司のパワハラ問題解決など、団体交渉を通じて要求実現のために組合員をふやして頑張る決意を表明して次回の調査まで奮闘することになります。


  

2018年4月17日火曜日

(株)ノベルズと10回目の団体交渉  

昨年6月の4回目の団体交渉以来、
    やっと労使で「確認書」取り交わす

■4月16日、10回目の団体交渉が行われました。冒頭、3月23日の9回目の団体交渉で、組合から要求していた従業員の休憩室の新設や交通費の見直し、分会の意見を踏まえて業務会議を実施することなど7項目について「確認書」案を提起していましたが、労使双方、合意に達し、久しぶりに「確認書」を取り交わすことができました。

■16日の団交は継続事項をメインに交渉し、業務上の個人目標に対する差別的な評価や職場のパワハラ問題に対する改善、ふたりの組合員の問題で道労委あっせんに応じることを会社側は表明し、住宅手当の新設、トイレの整備、新人事制度の方針など会社が自主的におこなう政策についても組合からの質問に答える形での説明がありました。この日の合意した項目についても「確認書」案を作成しました。

■しかし、寒冷地手当や組合掲示板、長時間労働や賃金体系の見直しなどは、会社のかたくなな態度に変化はなく、組合員を増やし、引き続き団結して奮闘することが必要です。春闘、メーデーと続きます。労働組合と組合が、くじけず、がんばる時です。

 会社は代理人弁護士(今回も弁護士バッチなし)、千田管理部本部長、細野法務部長の3人、組合側は分会員含めて6人が出席しました。

2018年3月29日木曜日

(株)ノベルズ、交渉中の問題を一方的に「終結」宣言する暴挙! 道労委に「あっせん」申請

▼現在、帯広地域労組は、ノベルズとの一連の団体交渉において、不誠実な姿勢に終始する会社の姿勢は団交には応じるだけの不当労働行為だとして道労委に救済求め、係争中です。この間、団体交渉の議題になっていた組合員が業務上で病気になり、退職を余儀なくされた問題と、組合員に対する不利益変更処分問題について、代理人弁護士である交渉請負人がこれは「終わった」ことで、会社の姿勢は「変わらない」との態度を示し、継続中であるにも関わらず、一方的に「ふた」をしようとしました。

▼組合は団体交渉の場で解決することを前提に継続して交渉中の問題を一方的に「終わらせる」ことは許されないと、二つの件について「あっせん」を申請し、道労委の「あっせん」の場で解決することを会社に通告していましたが、
 帯広地域労組は3月26日づけで、道労委に対し、「あっせん」申請書を提出しました。


2018年3月24日土曜日

(株)ノベルズとの9回目の団交!「交渉請負人」、弁護士バッチをつけずに団交出席。組合側の猛攻撃で反論できず  渋々つける不思議な光景!?  

■不誠実団交で、北海道労働委員会に不当労働行為救済を申立て、現在係争中の今回の団交を前に、組合側は今週、上士幌町内で街頭宣伝と2度目のビラまき行動を行い、23日の交渉に臨みました。会社側は「交渉請負人」の弁護士と延與社長の全権を受け継いだという千田統括管理部長、細野法務部長の3人に対して組合側は10人で臨みました。

■今回も延與社長と名塚専務理事の姿はありません。組合側からの追求に「交渉請負人」は一切理由を語らず「来ません」の一言でなにも語りません。ノベルズ分会は事前に組合員の意見を集約しており、それについて、まず分会長が発言しました。

■大雪の際に早朝出勤し、除雪業務を行った残業扱いについて、上司のパワハラ発言と組合員に対する差別的な発言、組合員だけに日報を強要する件、業務上で必要な各種資格免許取得についてなど、どれも組織的に改善されていない業務上の問題点を指摘して回答を求めました。

■会社は除雪についての早朝出勤対応はルール化して改善する方向。現場労働者の意見や現状を無視して業務命令だけで評価される矛盾した現場の状態の改善をするため、上司を含む関係者が同席した会議を設定する。日報の実態の調査など、組合員の前向きな要求がとりあえず改善する方向で検討することを約束しました。

休憩室の拡充は進めるが、組合掲示板や資格手当、
   寒冷地手当は認めない未熟なノベルズ

○ 今回、組合は監督署に提出する就業規則の労働者代表の氏名、労働分配率、役員報酬などがわかる資料の提出を求めました。会社は開示しましたが、検討が必要な形式的な数字しか示していません。労働者代表になった経緯についても回答がありません。団体交渉を何度もやって、労働組合と対峙していながら、組合掲示板を認めないのは理解できません。参加した組合員からも「会社側としても組合と交渉した結果を全社員に知らせるべきではないのか」と厳しくいわれ、千田部長が、今まで在籍した会社には組合掲示板も組合の部屋も「ありました」と回答しているのに、何をためらっているのでしょうか。理屈が通りません。

交通費の見直し、やっと実施か

○今までの交渉で「確認書」にも明記してある交通費の見直しですが、やっと、改善策で実施されるようです。組合員の声をよく聞いて、「交渉請負人」の手を借りなくても労働者を大事に、職場は改善されるという常識をノベルズの幹部は理解してもらいたいものです。
時間の超過で全部の議題が終わらず、4月に10回目の団交を行うことで合意しました。



2018年2月20日火曜日

(株)ノベルズ不当労働行為事件、3回目の調査

●19日、帯広市内で調査が行われました。組合側は申立人と補佐人6人が出席し、会社側は延與代表取締役と代理人・弁護士、千田取締役と細野法務部長の4人が出席したようです。名塚専務理事は欠席でした。

●組合側は1月22日の団体交渉の内容を報告し、団体交渉はやるが全く誠意がない会社の姿勢について事実に基づいて報告し、分会員もそれぞれ現場の状況など詳しく発言しました。この間、一年あまり、会社と組合は団体交渉を通して「確認書」を交わすなど一定の合意がありましたが、その後は「確認書」の確認事項すら不誠実団交によって意図的に引き伸ばされています。

しかも、この間、不利益変更処分や組合員の退職問題が未だに棚に上がった状態であり、会社側の優柔不断な対応がなにもすすまない諸悪の原因になっています。

組合、上士幌町内で一斉ビラまき行動       

●2月16日午後、組合員4人で上士幌町内の各世帯にノベルズの労使問題の現状を訴えるビラの配布を行いました。内容は「延與代表取締役社長が団体交渉に出席しないで、霞ヶ関の弁護士に丸なげしていいのか」と、いうもので、現在不誠実団交で北海道労働委員会に救済を申立している現状などが記載してあるものです。約500枚配布しました。

19日の労働委員会の調査には延與代表が出席  効果あったのか!?

●ひたすら代理人・弁護士に丸なげして、雲隠れしていた延與代表でしたが、ビラの効果かどうか定かではありませんが、調査に出席したとのことです。ビラを見た町民からは「これでは生ぬるい、もっといろいろあるんだから厳しく書いて知らせるべきだ」と叱咤激励の言葉が寄せられています。組合は段階的に宣言行動を強める計画です。